合わない入れ歯で我慢していませんか?

合わない入れ歯で我慢していませんか?

失った歯に替わって、見た目や咬む機能を支えてくれる義歯(入れ歯)。たとえ1本だけでも歯を失えばお口や身体に影響を与え、さまざまなリスクをもたらします。栃木県足利市の歯医者「なかたに歯科」では、さまざまなタイプの義歯(入れ歯)を扱っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。保険か自費かという点についても、患者さまがご納得されるまで丁寧にご説明いたしますので、どうぞご安心ください。

保険と自費の入れ歯の違いについて

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

 

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

歯科用プラスチック(レジン)のみとなります。部分入れ歯の場合にはバネ(クラスプ)がつきます。 素材 金属やシリコンといった、さまざまな素材を選ぶことができます。
厚みがあるため熱が伝わりにくく、違和感がある場合があります。 使い心地 自然な装着感を追求でき、咬み心地は比較的良いと言えます。
金属床の使用により、食べもの・飲みものの温度も伝わりやすくなります。
素材が限定されてしまうため、見ると入れ歯だということが容易にわかります。また、長く使用すると色褪せが生じます。 見た目 自然に見える素材を選ぶことが可能で、色褪せも生じにくいです。
約1ヵ月で作成可能。
修復も短期間で済みます。
作製期間
修復期間
素材の種類によっては、作製や修理に時間がかかる場合があります。
比較的安価です。 費用 比較的高額です。

取り扱い義歯(入れ歯)の紹介

レジン床義歯
レジン床義歯 健康保険適用の入れ歯。床部分がレジン製となっています
メリット
  • 費用負担が少ない
  • 作製期間が短い
  • 簡単に修理や調整ができる
デメリット
  • 床部分が厚いため、違和感が出やすい
  • 壊れやすい
金属床義歯
金属床義歯 自費診療の入れ歯。床部分が金属製となっています
メリット
  • 床部分を薄くできるため、装着感が良い
  • 食べものの温度を感じやすい
  • 耐久性に優れている
  • 汚れにくい
デメリット
  • 自費診療のため、治療費が比較的高額になる
  • 金属アレルギーを引き起こしてしまうおそれがある
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 自費診療の部分入れ歯。金属製のバネ(クラスプ)を使用せず、歯茎の部分がピンク色のシリコン製となっています
メリット
  • バネがなく、見た目が自然
  • シリコンには弾力があるため、装着感が良い
  • まわりの歯に負担をかけない
デメリット
  • 経年劣化によって変色しやすい
  • 急激な温度変化に弱い
  • 食べものの温度を感じにくい
  • 自費診療のため、治療費が比較的高額になる
0284-22-7531
診療予約・新規予約はこちらからご利用ください